子供のために掛け捨ての保険にはいった

子供のために掛け捨ての保険にはいった

医療保険制度の仕組みについて

医療保険制度の仕組みについて、その概要と企業の健保組合や国民健康保険などを交えながら説明いたします。日本における医療保険制度は、すべての人が納めた保険料を元にしている制度であり、医療行為を受けた際に医療保険の基金から医療機関に対して医療費を払う仕組みとなっています。すべての国民は医療保険に入ることが義務付けられており、会社員は会社独自の健康保険組合か協会健保と呼ばれる健保組合、公務員などが加入する共済組合があり、これらの健康保険組合は職業に就いている人が対象となっており、総合して職域保険と呼ばれています。

また、自営業をしている方や会社員を対象した方が加入する国民健康保険は地域保険と呼ばれており、75歳以上の高齢者の方が加入する保険は後期高齢者医療制度という別の制度に加入することになっています。会社独自の健康保険組合は社員数が700人以上の場合、国の認可を受けて単独で会社独自の健保組合を設立することが出来ます。その他にも同業種であれば3000人以上の社員数を確保できれば複数の会社を跨いでも健保組合が組成できる仕組みになっており、これらに該当しない場合はすべて協会健保に加入することになっています。会社独自の健保組合には健康保険料が一般の協会健保の保険料よりも割安になっており、高額医療費が発生する場合でも自己負担額に制限があるなど高いメリットが特徴となっています。