子供のために掛け捨ての保険にはいった

子供のために掛け捨ての保険にはいった

保険というのは備えることです

保険と言うのは、備えるためにあるサービスです。何かリスクがあれば、基本的には保険というのは、なんでも作ることができます。金融サービスの一つなのですが、加入してくれた人から保険料を貰うわけですが、それだけで成り立っているわけではなく、その莫大なお金を投資に回すことによって利益を出しているものでもあります。これを実はよく理解していない人が多く、実は金融業界に関してかなりの影響力があるのが保険なのです。ちなみに歴史が古いサービスでもあり、大航海時代には既にあったのです。何故かといいますとそれは船が難破することが多く、それがあまりにもリスクがあったからです。ですから、それに対してリスクを軽減させるためにみんなでお金を集めて、備えにしたわけです。これが保険の始まりであるといわれています。

生命に対してかけることもありますし、財産に対してかけることもあります。作物などの天候に影響されるようなものにもかけられますし、或いは発祥の理由でもあった船荷などにもかけるものも未だにあります。要するに、すべてのリスクに対してかけることができるものでもあり、様々なタイプの保険が現在では存在しています。それだけ、需要があるのです。